マイグレーション対応メンバー

マイグレーションに関するご依頼は、主に以下のメンバーが担当させていただきます。

※左から、柿本・蔵下・松延(企画開発部部長)

①ステップ

分析から運用までのすべての段階をサポートさせて頂きます。

②対応可能言語

VB
C#
JAVA
ACCESS
COBOL
以上5言語を中心に対応しております。

③AMCでマイグレーションを行うメリット

システム資産を将来的に引き継ぐため、システムのスリム化と
運用コストの削減を意識し、マイグレーションを実施します。

また、お客様の予算・セキュリティ要件に対して
1.ニアショア開発(システムの受託開発や運用保守などを、首都圏より低コストで実施することを言います。)
2.オンショア開発(海外要員が日本国内に来て、システム開発を行う。)
3.オフショア開発(システム開発などの業務を海外企業に委託する。)
1~3を組み合わせたハイブリット開発の提案ができます。

 

④過去のマイグレーション案件の実績

弊社は以下のシステムのマイグレーションを行ってきました。
生産管理システム
医療業
食品製造業
求人サイトを営む顧客向けシステム
公共の顧客向けシステム

⑤カレンダー

マイグレーション要員カレンダー
5月 6月 7月 8月 9月 10月
分析・提案
コンバージョン

(◎、〇=対応可能 △=要相談)

 

IMG_08012016_130413