各種開発体制の特徴

①ニアショア開発
  システム開発などの業務を国内のコストの低い地方に委託する

②オフショア開発
  システム開発などの業務を海外企業に委託する

③オンショア開発
  海外要員が日本国内に来て、システム開発を行う

④オンサイト開発
  クライアント先に常駐し、システム開発を行う



 

このように、それぞれの委託方法には様々なメリット・デメリットが存在します。そのため、作りたいシステムや予算に合わせてしっかりとプランを検討することが必要です。しかし当社はニアショア・オフショア・オンショアを組み合わせた「ハイブリット開発」を行っているため、お客様の要望に沿って提案を行うことができます。

 

AMCの開発体制の特徴

 

 

1.ニアショア開発

福岡を拠点として、ニアショア担当SEが御社との窓口となって福岡(弊社本社)に持ち帰り、福岡で日本人SEが開発を行います。

2.ニアショア開発+オンショア開発

福岡を拠点として、ニアショア担当SEが御社との窓口となって福岡(弊社本社)に持ち帰り、福岡に中国人SEを常駐させ開発を行います。

3.ニアショア開発+オフショア開発

福岡を拠点として、国内のブリッジSEが御社との窓口となって福岡(弊社本社)に持ち帰り、中国のブリッジSEを通して中国青島で開発を行い、福岡で品質確認を実施します。