標準エンジニア単価情報について

 

AMCでは、経済産業省(IPA)が策定したITスキル標準(以下ITSS)をもとに、

ITエンジニアの役割とレベルごとに詳細化されたスキルフレームワークを

導入し、標準エンジニア単価情報を公開しています。

 

システム開発において、従来からエンジニア・技術者の価格が不明瞭で

問題視されていましたが、AMCはお客様に価格透明性と安心感をご提供してまります。

 

 

 

 

標準エンジニア単価および役割分布

 

主にシステム開発領域で職種を4つに分類し、11の役割にて定義し、

エンジニア個人の能力や実績に基づいて5段階のレベルにて規定しています。

社内エンジニアの分布もあわせてプロットしています。

 

%e5%8d%98%e4%be%a1%e8%a1%a8%e7%b4%99

 

●掲載例:プロジェクトマネージャー

プロジェクトマネジメント:レベル5

 

<概要>

プロジェクトの計画立案、工程管理、および外部との交渉・調整などを行う。

優先順位付け、関係部門との調整、およびプロジェクト・チームが正しい目標

に集中するための全般的な管理を担当する。

主に大規模プロジェクトまたは複雑なプロジェクトの管理を担当。

 

PM価格

 

 


 

 

(プロジェクト管理系職種)

・プロジェクトマネジメント

・リソースマネジメント

・品質マネジメント

 

(アナリスト系職種)

・要件定義:システム全体

・要件定義:アプリケーション

 

(ITアーキテクト系職種)

・ソフトウエアアーキテクチャ設計:基本設計

・アプリケーション設計:詳細設計

・アプリケーション運用保守

・運用設計

 

(デベロッパ系職種)

・プログラミング

・テスティング

 

IMG_08012016_130413