オフショア開発事例

システム名

生産管理システム(お客様が自社開発)
 

システム概要

Windows Formアプリケーションのマイグレーション

<マイグレーション前>
 言語:Visual Basic 6.0
 DB接続:oo4o(Oracle 11g R2 Client)
 一覧表:MSFlexGrid
 帳票:ActiveReports 1.5J
 <マイグレーション後>
 言語:Visual Studio 2019 VB.NET
 DB接続:ODP.NET(Oracle 12c R2 Client)
 一覧表:DataGridView
 帳票:ActiveReports for .NET 12.0J

プロジェクトの内容

画面 57本
帳票 35本

開発言語 VB.NET
フレームワーク .NET Framework 4.7.2
開発規模 11人月
開発期間 2019年10月~2020年3月 6ヶ月
体制と役割 メインSE (2名) 移行概要設計、コンバージョンテスト仕様書
ブリッジSE (2名) 成果物レビュー、QA対応
オフショア要員 (4名) 移行詳細設計、移行手順書、コンバージョン、コンバージョンテスト

開発上の工夫点

(1)オフショア作業のアプローチを、①リーダーが全ての工程を一通り
実施し、②ブリッジSEと協力して作業手順を確立した後に、③作業手順を
メンバに横展開することで、スケジュールとコストがブレるのを防いだ。
(2)仮想マシンを活用することで、メンバ全員分の開発環境を用意する。
手間を減らした。

アピールポイント

マイグレーションのWBS(作業内容、作業手順)を確立できたことで、
経験が浅いメンバー構成であっても、コスト/スケジュール/品質に
ついて大きなトラブルもなくプロジェクトを完了できた。